名刺のサイズも多種多様

一般的に名刺というと、横長もしくは縦長のものをイメージします。
他にも丸型や花形など、様々な形のものが出てきていますが、一般的なもののサイズは(55×91mm)となっています。
こちらは4号と呼ばれていまして、名刺サイズというと通常はこの4号のことを指すように、この大きさが名刺の一般的なサイズと言えます。
しかし関西地方ではこの大きさのことを9号と呼ぶメーカーもありまして、現在も同じ大きさで、二通りの呼び方が存在していますので面白いです。

日本では55×91mmが一般的なもののサイズなことに対し、欧米では51×89mmのものも増えていまして、日本のものよりも少し小さく、長細い規格となっています。
こちらの用紙は欧文サイズ、英文サイズ、スマートサイズなどと呼ばれていまして、小ぶりです。
過去には3号と呼ばれる49×85mmの名刺もありまして、女性が好んで使用していたのですが、最近では女性の方でも一般的な4号を使うのが一般的となり、3号のものは少なくなってきています。

そのほかにも小型3号、小型4号、5号、6号、7号があるのですが、ほとんど使われていませんので、名刺印刷業者で大きさの選択肢にも入っていないことが多いです。
特殊な大きさの名刺にすれば目立つのではないか…と思うかもしれませんが、確かに目立ちます。
しかし、大きすぎますとケースに入らなくなってしまいます。
そうなりますと、受け取った側としても、対応に困ってしまいます。
大きすぎず、小さすぎず、一般的なサイズが一番良いといえるでしょう。

*このサイトは現在準備中です